月極駐車場を経営するには

月極駐車場のオーナーになる

月極駐車場で効率よく収益を上げる

駐車場を経営する為に必要な知識を身に付ける

駐車場経営にはさまざまな方法があり、募集から賃料の回収まですべてを自分で行う方法や募集や賃料の回収を委託する方法などがあります。その他のひとつの方法として一括借上方式があり、この場合には駐車場が空きになっていても契約した業者から土地の所有者に対して毎月一定額を支払う方法です。駐車場の稼働状況によって収入に変動が出る訳ではありませんが、業者に支払う委託料は割高になっている事があるので確認が必要です。コインパーキングの場合には精算機であったりロック板などの専用設備を整備する必要があり、すべてを自分で管理する事は難しいので業者に委託する事になります。設備に設置は自前で行う方法と業者に依頼する方法がありますが、初期投資を自前で行う際には自己経営方式と呼び業者に依頼する場合には土地賃貸方式と呼びます。土地賃貸方式の場合には業者に土地を貸して一定の地代を毎月受け取る事になり、月極駐車場の一括借上方式のように毎月安定した収入を得る事ができます。しかし自己経営方式に比べてリターンで入ってくる収入が少なくなってしまう可能性があるので、どちらが適しているかを比較する事が大切です。

少ない投資で経営を始める事が可能

月極駐車場を経営する場合アパート経営のように建物が必要ないので、初期投資を少なくして始められるメリットがあります。月極駐車場の運営をサポートしてくれる業者と契約する事によって、土地だけあれば初期投資が無い状態で経営を始める事も可能です。初期投資ではどのような月極駐車場を経営していくのかを明確にする事で、どれくらいの費用が必要になるかを把握する事ができます。アスファルト舗装にする費用であったり車止めや料金収受機の設置費用、歩道を切り下げる費用などが初期投資として必要になります。

短期間で簡単に経営を始める事ができる

月極駐車場の経営では事業スタートまでの期間が短い特徴があり、専門的な知識などが少ない人でも簡単に始める事ができます。アパートやマンション経営を始めようとすると、どのような間取りにするのかどのような構造にするのかを最初に検討する必要があります。月極駐車場やコインパーキングの経営を始める際には、管理する業者を選定してからおおよそ半月程度あれば事業を開始する事ができます。また事業を修了させる必要がでた場合にも簡単に辞める事ができるので、将来的に土地の転用などを考えている人でも気軽に事業を始める事が可能です。駐車場経営では立体駐車場になると賃貸住宅と同じように借地借家法の適用対象となる可能性があるので、事前に管理委託業者や弁護士などに相談する事も大切です。

人気記事ランキング